fxってどんなもの?

正式には外国為替証拠金取引と言われており、「Foreign Exchange」の略称としてfxと呼ばれているでしょう。ユーロやドルなどの外国通貨の売買をしたり、交換をしたりして差益を得ることが出来ます。為替レートの細かい変化を毎日チェックする必要がありますが、少ない費用でも利益が得られるのでおすすめとなっていますよ。

違いを把握しよう~海外fxと国内fx~

海外fx

fxには、海外業者と国内業者が存在します。主に海外fxをやるためには、海外口座の開設が必要となっているでしょう。しかし、国内fxには規制があるレバレッジが自由に使えるなど、国内fxよりも自由に取引を楽しめます。

国内fx

一方で国内業者を利用してfxをする場合、国内fxと呼ばれます。海外fxと比べてみるとレバレッジの規制や追加証拠金の預け入れなど色々なルールがありますが、入出金に関しては利便性が高いでしょう。

fxをはじめよう!お得に投資をしたのなら海外口座がおすすめ

パソコン

キャッシュバック機能がある

fxを始める場合、fx用の口座を開設する必要があります。そこで、開設する口座でおすすめしたいのが海外口座です。海外口座でfxを始めると業者によっては、キャッシュバックを設けているところがあるのでお得と言えます。このキャッシュバック機能を活用すると外国通貨の売買をする際に、取引金額の一部が還元されるでしょう。

株式

税金がお得になる

海外口座でも国内口座でも通貨の売買で得た利益には、必ず税金が発生します。国内外とも税金は課されますが、実は利用している口座によって課税される税率に違いがあるでしょう。国内口座の場合だと、一律20%の税金が課せられますが、海外口座だと利益額に応じて税率が変わるのです。利益が195万円以下だと海外口座の税率は15%となっています。そのため、お得に利用していきたい場合は海外口座の開設も視野に入れておくと良いですよ。

硬貨

口座の開設スピードが早い

基本的に海外口座は口座開設までのスピードが早いと言われています。国内口座だと開設するために、本人確認書類やマイナンバーのコピーの提出が必要となっているので、時間がかかってしまうでしょう。しかし、海外口座はインターネット上の申し込みだけでOKなところもあるので、すぐに口座開設が出来て便利でしょう。

[PR]
FXの口座開設方法とは?
副業をはじめたいなら必見!

fxを利用する際に知っておきたい3つの用語

握手

レバレッジ

fxでは普段の生活では馴染みのない用語が色々と出てきます。しっかりとfxを利用していくためにも、fx用語を理解しましょう。まず、上記にも記載がある「レバレッジ」ですが、自分のお金を証拠金として取引会社に預けることで、証拠金の数倍や数百倍でお金の取引が出来ることを指しています。

スプレッド

fx業者に支払わないといけない売買手数料のことを、「スプレッド」と呼んでいます。海外国内関係なしにこのスプレッドは発生しますが、海外口座の方がスプレッドを抑えることが出来るでしょう。

スワップポイント

国が定めた通貨には金利があり、日本なら年0.5%となっています。ドルだと年2.0%の金利が発生します。このように、2通貨の間で発生する金利差を「スワップポイント」と呼んでいるでしょう。

[PR]
金の投資をチャレンジしてみよう
賢く資産運用するためのヒント満載!

[PR]
ゴールド投資で資産運用しよう!
初心者から始められる